トップページ > 歯周病治療/スケーリング・ルートプレーニング

歯周病治療

スケーリング・ルートプレーニング

スケーリング・ルートプレーニングとは?

歯周病歯槽膿漏の原因は、プラーク(歯垢)が歯周ポケットに蓄積し、それを媒介にして細菌が発生することにあります。この菌は「グラム陰性菌」と呼ばれる嫌気性の細菌で、酸素のあるところでは繁殖できません。そのため歯周ポケットをどんどん深く入り込んでいく性質があるのです。つまり、歯周病の進行に直接影響しているのは、歯周ポケットに入り込んだプラークであると言えるでしょう。

歯周病歯槽膿漏の予防のためには、こうしたプラークや、プラークが石灰化した「歯石」を除去することが必要不可欠になるのです。しかし、歯周ポケットの中にまで入り込める歯ブラシは存在しないため、歯科医院で除去してもらうことになります。ここでは、歯周ポケットに入り込んだプラーク・歯石を除去する方法として「スケーリング」と「ルートプレーニング」をご紹介します。

スケーリング(歯石除去)

「スケーリング」とは、スケーラーと呼ばれる金具を使用して歯ぐきや歯周ポケット内からプラーク、付着物、歯石を除去する治療を言います。スケーラーは超音波によって、プラークはもとより石灰化している歯石まで簡単に除去することができるのです。しかし、スケーリングは「削る」治療法であるため、歯面の損傷は避けられません。そのため、スケーリング後には「ルートプレーニング」によって歯面を平らに整える必要があります。

スケーリング後、しばらくは歯と歯の間の隙間が広がり、歯が長くなってしまったように感じられます。しかし、これは今まで付着していたプラークや歯石が取れた証拠であり、すぐに元に戻るため気にする必要はありません。

ルートプレーニング(歯根の滑沢化)

「ルートプレーニング」とは、スケーリングによってデコボコになってしまった歯根(ルート)を滑らか(プレーニング)にする治療法を言います。これによって、歯根表面のプラークによって汚染され軟化したセメント質や象牙質を除去し、歯根面を硬く滑らかに仕上げることができるのです。この処理をせずにデコボコのまま放置してしまうと、そこに細菌が入り込んで虫歯になってしまいます。

これらの治療によって歯石が除去されても、当然ながらその後のブラッシングが正しく行われなければ再びプラークや歯石が発生してしまいます。スケーリングやルートプレーニングは、あくまで歯を健康に保つための“サポート”であると考えましょう。

ページトップへ

タケスエ歯科医院のスケーリング・ルートプレーニング

当サイト監修のタケスエ歯科医院では、歯石を除去するスケーリングと歯根表面を滑沢にし、汚れがつきにくいようにするルートプレーニングを行っております。歯周病歯槽膿漏の予防のためにも、プラーク・歯石の除去は定期的に行いましょう。詳しくはタケスエ歯科医院までお気軽にお問い合わせ下さい。

症例

術前
スケーリング・ルートプレーニング術前
歯石がベットリ付着しています。
術後
スケーリング・ルートプレーニング術後
キレイに除去できました。

治療風景

治療風景スケーリングの治療風景です。皆様にリラックスして頂きながら行います。


・スケーリング(歯石除去)1回(部位別) ¥8,000

ページトップへ




Copyright (C) 歯周病専門外来~タケスエ歯科医院~. All Rights Reserved.